サンゴ礁に住むカニ

サンゴ礁に住んでいるカニ

ヒメイワオウギガニ 甲の前側縁には小さい鋸歯が6〜7個ずつあります。甲の前半分に粗い毛が生えていて、毛深い印象を受ける小型のかにです。額の幅が広く、中央がへこんでいます。
<生息地>
与論島以南、インド洋のサンゴ礁の岩の割れ目
ケブカガニ 甲も脚も灰黄色の長い手でびっしりとおおわれています。体の表面が見えません。甲は横長の楕円形で、額の中央に切れ込みがあります。
<生息地>
相模湾以南、ハワイから南太平洋、インド洋、紅海。サンゴ礁に多数生息。
ツノダシイソクズガニ イソクズガニの南方系の種類です。甲全体は縦長の三角形の形をしており、甲の前方はイソクズガニよりも細長く伸びています。はさみ脚と歩脚にも、いぼ状の突起があります。
<生息地>
与論島以南、南大西洋のサンゴ礁
ツブヒラアシオウギガニ 甲の上半分が半円形、後側縁はまっすぐに後縁に向かって狭まった形となり、甲一面に顆粒が散在しています。歩脚は平たくて縁は薄い板状になっています。
<生息地>
与論島以南、南太平洋、インド洋、紅海のサンゴ礁
ユウモンガニ 甲面がふっくらとしており、なめらかな形状になっています。また甲は赤みがあり、強い褐色で光沢もあります。外殻は質が厚く、硬いです。
<生息地>
相模湾以南、ハワイ以南の太平洋、インド洋、紅海。熱帯水域のサンゴ礁に多く生息。
サメハダヒメガザミ ガザミ類では小型種。甲の前側縁にのこぎり状の歯が9個並んでいます。歯の大きさは同じで、最下部の歯も大きくならない。
<生息地>
相模湾以南、ハワイ、南太平洋、インド洋、紅海のサンゴ礁の砂地に多数生息
ハシリイワガニ 甲は前方が広く、四角形で額が広いです。まっすぐ横に切れています。体は暗緑色〜暗紫色です。はさみ脚は左右等大です。
<生息地>
奄美大島以南、南太平洋、インド洋、アラビア海、紅海のサンゴ礁の海岸。
サンゴアワツブガニ 甲も脚も泡つぶのような顆粒でびっしりと覆われています。白っぽい色をしており、紅色の斑紋がいくつかあります。甲幅は約1センチ程度の小型のかにです。
<生息地>
与論島以南、ハワイ、南太平洋、インド洋、紅海。ミドリイシ・ショウガサンゴなどの枝の間。
カノコオウギガニ 体は濃淡なチョコレート色をしていて、甲やはさみ脚は一面に平らないぼ状の突起で覆われています。甲は横に長い楕円形で、甲幅は約4.5センチです。
<生息地>
鹿児島県以南、ハワイ、熱帯太平洋、インド洋、紅海のサンゴ礁

 

かに通販 おすすめランキング TOPページに戻る


スポンサードリンク