ゆでた美味しいカニの見分け方

ゆでた美味しいカニの見分け方

私達がスーパーやデパート、魚屋さんなどで見かけるカニは、産地で茹でて出荷されているものが多いですね。カニごとに試食させてもらうわけにはいけないので、出来るだけ美味しいカニを見分ける方法も熟知しておきたいところです。

ゆでた美味しいカニを見分ける時には、以下に点を気を付けておきましょう。

 甲や脚が柔らかくないもの

指で軽く押さえてみて、甲や脚がやわらかい場合、そのカニは脱皮してから間もない場合が多いです。脱皮して間もないカニは身が未だしっかりしていません。さらに、指で押すと軽く汁が出るものもありますが、これは茹で方が足りないか発育不足かのどちらかです。甲や脚を押してみて硬いもの、そして汁が出ないものを選びましょう。

 色やツヤが良いもの

少し黒くなっていて沈んだ色をしているカニは古いもので、身の鮮度が落ちています。赤みが鮮やかでツヤのあるものを選びましょう。また、甲の乾いているものは茹ですぎの可能性もあるので注意しましょう。

 嫌な臭いがしないもの

腹部の匂いをかいでみて臭いものは、鮮度が悪いものです。臭い匂いがしないものを選びましょう。また、手で触ってみて「ぬるっ」とするものは鮮度が落ちたものなので、避けた方が良いでしょう。

 重量感があるもの

手で持ってみてずっしりと重みが感じられるものは、身が詰まっている証拠です。同じ大きさのカニでも重みが違う場合があるので、実際に手で持って、その重みを確かめましょう。

 腹部が白いもの

腹部が白いカニは「味噌」が良質だと言われています。腹部が黒味がかっているものは味噌が固まってなくて味も良くないです。腹部をチェックして、出来るだけ白いものを選びましょう。

 

かに通販 おすすめランキング TOPページに戻る


スポンサードリンク