甲羅本店の「かに釜めし」を食べた感想

風味がしっかりと効いた甲羅本店の「かに釜めし」

かに釜めしの箱

この「かに釜めし」は、甲羅本店にランチを食べに行った時に、レジの隣りで偶然見かけたものです。

ランチが美味しく、料金もリーズナブルだったので、家のお土産品として購入してみました。

箱には「ずわい蟹を使用し、利尻産昆布のだしで仕上げました。」と明記されています。かに雑炊にしても美味しく食べられるとのことでした。

そして早速、翌々日にこの甲羅本店のかに釜めしを調理することになりました。調理というほどの難しい手順は無く、とても簡単に作れるようです。

<甲羅本店のかに釜めしを作る手順>

1.まず始めにお米2号を普通にといで水切りをし、「具」を全部入れます。蟹やたけのこ等の実が袋の奥に残ってしまうケースがあるので、箸でかき出して残らず全部入れましょう。

次にだし汁を入れて、もしお水の量が足りない場合は、水を2号分まで足します。

材料 ご飯を研いで材料を入れたところ

2.炊飯ジャーにセットし、炊き上がりを待ちます。炊き上がったら10分ほど蒸らせば完成です。お好みで付属の海苔をかけてもOKです。

炊飯ジャーを開けたところ ご飯をかき混ぜているところ

ご飯を炊いている途中から、かにの香りへ部屋を漂っていました。炊飯ジャーを開けてかき混ぜてみると、ちょっとおこげが出来たりしてて良い感じです。

かに釜めしの完成写真

さっそく一口食べてみたのですが、しっかりと味が入っていてとても美味しかったですね。昆布ベースのダシですが、蟹の風味もちゃんと感じられました。

お店で食べるかに釜めしの味が再現できたかな〜と思っています。

同じパッケージを利用して「かに雑炊」も作れることが出来るので、今度機会があったら雑炊にチャレンジしてみようと思います。

 ボリューム満点のカニが満載!かに本舗↓↓