カニに含まれている栄養素は何?

意外と栄養価が高い!カニに含まれている栄養素

カニの写真


食べると非常に美味しいカニですが、一体どんな栄養素が含まれているのでしょうか?

カニは一般的に低カロリー高タンパクの食品として知られていますが、その美味しさがずば抜けているだけに、栄養素はあまり注目されません。

しかし、いざカニに含まれている栄養素を調べてみると、実に栄養価の高い食品であることが解かってきました。

まず三大栄養素についてですが、茹でたズワイガニ100gあたりには炭水化物が0.1g、脂質が0.6g、タンパク質が15.0g含まれています。

タンパク質がずば抜けて多いのに、炭水化物(糖質)がほとんど含まれていません。これはダイエットにもかなり良い食材であることがわかりますね。

そして注目すべきは、B群を中心としたビタミン類や、ミネラル類も豊富であることです。

茹でたズワイガニ100gあたりの、ビタミン&ミネラル類

ビタミンB1・・・0.20mg

ビタミンB2・・・0.57mg

ビタミンB6・・・0.11mg

ビタミンE・・・2.6mg

亜鉛・・・3.0mg

銅・・・0.56mg

リン・・・150mg

カルシウム・・・120mg

カリウム・・・240mg


そしてカニには、アミノ酸の一種であるタウリンも含まれています。タウリンは悪玉コレステロールを減少させる働きがあるだけでなく、血圧を正常にしようとしたり、心肺機能を強化するなどの効果もあると言われています。

また、カニの殻にはキトサンやキチンなどが含まれており、これらの栄養素は免疫力を高めたり、体の治癒力を強化したりする働きがあります。

こんなにも美味しいカニが、ここまで栄養価も優れているなんて・・・。

益々カニが食べたくなってきました(^^♪

 

かに通販 TOPページへ

スポンサードリンク